ブラックバファロー / 「2009鳥取・因幡の祭典」キャンペーン特使

Tottori Key Person / No.014
ブラックバファロー / 「2009鳥取・因幡の祭典」キャンペーン特使

大阪でプロレスラーとして活躍するブラックバファローさん。「2009鳥取・因幡の祭典」のキャンペーン特使に任命されたきっかけとその想いなどを伺いました?

■大阪でプロレスラーとして活躍するブラックバファローさん。「2009鳥取・因幡の祭典」のキャンペーン特使に任命されたきっかけとは
今まで10年間、大阪プロレスでは正体不明の悪役覆面レスラーとして活動していたのですが、昨年の2月に行われた、負ければ正体を明かすという「敗者覆面剥ぎマッチ」で悔しくも敗退。この試合以降、正体を明かして活動していました。キャンペーン特使の話があったのは昨年の秋頃です。「鳥取でプロレスのイベントをしたい」という夢を友人に話したところ、「2009鳥取・因幡の祭典」の紹介を受けました。鳥取出身者が大阪で活躍しているという自身の状況と鳥取と関西を高速道路で近づけるという祭典のコンセプトはぴったり一致します。そこで、「2009鳥取・因幡の祭典」を大阪側から鳥取を盛り上げてほしいと声がかかり、フレアバーテンダーの前田兄弟さんと一緒にキャンペーン特使をすることになりました。今まで10年間正体不明のまま、鳥取のために何もしてこれなかったので、自分の力で鳥取を元気づけたい!そういう使命感を持ってキャンペーン特使の活動をしています。

?

■キャンペーン特使として主にしている活動
大阪・関西のイベントで因幡の祭典のPRをしています。大きな活動としては、昨年12月に大阪の中ノ島で行われたクリスマスのイルミネーションです。この会場でも鳥取の砂像が1体ライトアップされたんですよ。イベントに顔を出しては「世界砂像フェスティバル」に行きたいという方にチケットを1枚1枚手売りしたりしました。大阪プロレスの会場にも「2009鳥取・因幡の祭典」のポスターを貼り、宣伝しています。1年間を通じて祭典は行われるので、全国から人を惹きつけるような強い盛り上がりを見せていきたいです。

■6月20日産業体育館で行われる「大阪プロレスin 鳥取」への意気込み
大阪プロレスはお笑い要素の強い団体です。プロレスと聞くと殺伐としたイメージがあるかもしれませんが、私はそのイメージを払拭したいと思っています。滑稽な格好をしたレスラーもいたりと、ヒーローもののようなプロレスで、日本で1番子どものお客さんが多い団体なんです。1度見ていただくだけで大阪プロレスの楽しさが分かります。とにかくたくさんの方に見てほしい、そして鳥取にプロレスのよさを伝えたいです。

■「大阪プロレス」のこれから…
大阪プロレスを鳥取で観戦できます!ぜひ家族揃ってご来場下さい。
6月20日(土) 「大阪プロレス in 鳥取」
場所:鳥取産業体育館 開場17:30~/開始18:30~
【当日入場料】
■ヒナ段 自由席 3500円  中高生自由席 1000円 ヒナ段 小学生自由席 500円
■2F 自由席 2500円 2F 小中高生自由席 500円
※当日、チケット売り場にて「Peeba COLOR6月号」見ました!
と一声かけていただいた方に、当日券を前売り価格で販売いたします。

■お問い合わせ
2009鳥取・因幡の祭典 実行委員会事務局
鳥取市吉方温泉3丁目701(鳥取市文化センター2階)
電話(0857)27-8001
大阪プロレス株式会社
大阪府大阪市中央区千日前1-8-21
電話(06)4708-1141

ブラックバファロー
Black Buffalo

1974年7月6日生まれの鳥取県出身のプロレスラー。本名の山田圭介でデビュー後、IWA・JAPANに入団。1999年、大阪プロレスへ移籍。黒いコスチュームとマスクに身を包むルードレスラーのブラックバファローとなる。2008年2月「敗者覆面剥ぎマッチ」に破れ、素顔や本名、経歴を発表。「2009鳥取・因幡の祭典」キャンペーン特使になる。